最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

ビジネスパーソンのための“情活講座” ~地図を活用した効率的なフィールドセールス ~

 

MotionBoard Cloud ユーザーの皆様、こんにちは!
今回は、地図機能を利用したフィールドセールスダッシュボードについてご紹介します。

「営業は行動量だ!」とよく耳にしますが、限られた時間内で行動量を増やすのってなかなか難しいですよね。
そんなとき、MotionBoardの地図機能を使えば、より効率的なフィールドセールスが実現できるかもしれません。

お客様の位置情報をスマートフォンで確認すれば、隣接する顧客を重点的に回ることができるようになります。(図1)

また、販売する商品のターゲットとなる属性で検索条件をかければ、重点顧客だけに絞り込んで地図上に表示することができます(図1)。

【図1】

図版4-1

また、地図上に表示される、お客様の位置を示すポインターが、接触頻度や商談確度毎にピンの色が分かれていたり、商談金額に合わせて円が大きくなったりすれば、次にどこを回ろうか考える手助けをしてくれますよね。(図2)

例えば、最近訪問していないお客様を赤く表示することで、今行くべき重点顧客を把握し、フォローの抜け漏れをなくすことができます。(図2)

【図2】

図版4-2

さらにMotionBoardでは、ダッシュボードから直接活動入力をすることもできるので、1つの画面で、顧客検索、顧客位置の把握、訪問記録の確認、活動入力といった一連の活動をサポートすることができます。(図2)

このように、地図を使った営業ソリューションの幅は無限に広がります。
MotionBoardは、こうした多様な地図のニーズに対応することができます。

地図機能を使っていないという方は、是非、一度、試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

営業チームワークとしてのインサイドセールス【其の二】

今回は「チーム」「コラボレーション」を進めて企業で顧客接点を増やすための営業プロセスについて説明します。 営業プロセスと聞くとどのよう…

最少の業務負荷で効果的なパイプライン管理!予実管理ダッシュボード(後編)

皆様こんにちには。MotionBoard 開発部 石橋です。 今回は効果的なパイプライン可視化を可能にする「予実管理ダッシュボード」の第2…

MA活用の鍵 “ リード案件化 ” のスループットを最大化する手法とは?

こんにちは。MotionBoard開発統括部の石橋です。 2月17日(火)開催の「Marketo Summit Japan 2015」…

スナップショットで差分比較をする

連載5回目「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforceの連携」の技術ブログは、スナップショットで…

セールスフォースの取引先を地図にプロットしてみよう!

前回の「セールスフォースのレポートを取り込む」はいかがでしたでしょうか。セールスフォースとMotionBoard Cloud for Sal…

“ちょっぱや”ジオコーディング④

みなさん、こんにちには。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 今回は、地図上でデータを重ねる活用法をご紹介したいと思います。…

1000を超える機能追加・改善を行った野心的なバージョンとは?

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 とうとう先日3月26日にMotionBoard Version …

ページ上部へ戻る