最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

ビジネスパーソンのための“情活講座” ~ 予実管理ダッシュボード ~

MotionBoard Cloud ユーザーの皆様、こんにちは!
今回は、予実管理ダッシュボードの簡単なつくり方をご紹介します!

図版5-1

企業の中で最もよく行われるデータ分析のひとつに、予実管理が挙げられるかと思います。

予実管理は、予算と実績を照らし合わせて予算達成率と達成の状況を把握し、目標達成に向けた活動を管理することです。実績が目標に達していない場合にはその理由を明らかにし、目標を達成するための新しい施策を取っていくことになります。予実管理の方法はいくつかありますが、今回は四半期ごとの予算と実績の累計値、そして予算達成率を表示させるダッシュボードを作ります。

手順は以下の4つです。

手順【1】予算と実績のデータを用意する。

手順【2】MotionBoardにデータを投入する。
ボードを新規作成し、データソースを選択します。今回はExcelファイルをアップロードしましたが、接続先はSalesforceやCSV、オンプレミスデータベースなどから選ぶことができます。
図版5-2

手順【3】チャートに出す項目を設定する。
今回は、四半期ごとの予算累計、実績累計、予算達成率、を出したいと思います。
しかし、項目一覧の中には、これらの項目は存在していません。どうしたらいいでしょうか。

こんなときには「事後計算項目」の出番です!
まず集計項目に、「予算」と「実績」の項目を配置します。

「追加項目作成」から「事後計算項目」を選択し、

図版5-3

① 項目名:実績(累計)、② 集計項目:実績、③ 関数:累計(行)の設定をし、④ 計算式に挿入すれば、新しく「実績(累計)」の項目を追加することができます!
図版5-4

予算累計や予算達成率の項目も同様に作成できますが、予算達成率の計算式は Self([実績])/Self([予算])*100 となります。

図版5-5

あとは、作った項目を配置していきます。「予算」と「実績」は非表示にさせると見やすくなります。

図版5-6

手順【4】チャートの形を選択する。
予算累計と実績累計は棒グラフ、予算達成率は折れ線グラフで表示したいという場合、チャートの形を「折れ線縦棒コンボ」に設定します。
ダッシュボード画面のチャート内で、折れ線にしたい項目を選び右クリック、「列スタイルを変更する」を選択します。
この中から、「列を折れ線にする」を選択すれば、折れ線縦棒コンボチャートができあがります!

図版5-7

図版5-8

これで予実管理チャートの完成です!

意外と簡単に作れますので、是非、試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

新たな地図とエリアとポイントでの使い分け

今回のテーマは「地図」です。2015年7月21日のバージョンアップにより、背景となる地図が2つ増えており、表現力が更に高まっております。今回…

IBM Watson(ワトソン)が日本語で話す!?

2015年2月ソフトバンクテレコムと日本IBMは、「IBM Watson(ワトソン)」を日本で共同展開すると発表しました。 IBM W…

直接 Salesforceの画面を開くには!?

今回で3回目となります「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforce(以下、MBSF)の連携」につ…

営業データの可視化を成功させる「3つの約束」とは!?(後編)

皆様こんにちには。MotionBoard 開発部 石橋です。 今回は営業マネージャダッシュボードの後編です。 [video_ligh…

営業データの可視化を成功させる「3つの約束」とは!?(前編)

こんにちは。MotionBoard 開発部の石橋です。 今回は、業務テンプレートをご紹介したいと思います。 手前味噌ではありますが、…

営業チームワークとしてのインサイドセールス【其の一】

最重要リソース「時間」を考える どの企業の営業組織でも最も大事なリソースは何でしょうか? それは言うまでも無く時間です。 時間…

情報活用に投資しても意味あんの?回収できんの??(其の3)

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 製品の機能の宣伝みたいになっちゃいますが・・・。特許も出してます…

ページ上部へ戻る