最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

”ちょっぱや”ジオコーディング <1>

MotionBoard 開発責任者の島澤です。

みなさん、“ジオコーディング”って言葉ご存知でしょうか?

コンピュータは住所文字を直接あつかうのはとても苦手なので、住所文字を緯度経度という地球上の座標を表す数値に変換してからあつかいます。

住所 → 緯度経度 にする技術を一般的にジオコーディングいうのですが、BI(Business Intelligence:意思決定支援ソフト)で住所情報を可視化しようと思っても○丁目○番地○号レベルを可視化するのは実はかなり難しいんです(お金もかかるし手間もかかる)。

No1_1

正直かなり不便だったので、MotionBoardは製品機能として取り込んでしまいました。

しかも、今までの仕組みより4桁以上早いので、今までにない地図活用が出来るようになります。

果たしてこれによりみなさまの働き方がどう変わるのか?

詳細は次回以降でお届けしますね。

来週の水曜日をお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

新たな地図とエリアとポイントでの使い分け

今回のテーマは「地図」です。2015年7月21日のバージョンアップにより、背景となる地図が2つ増えており、表現力が更に高まっております。今回…

全体検索と個別検索(part2)~ 全体検索とは!? ~

今回のテーマは、日々よく活用されている検索機能です。前回は個別検索を解説しましたが、今回は全体検索の解説となります。そう、検索と名前は付いて…

情報活用に投資しても意味あんの?回収できんの??(其の4)

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 前回(https://blog.wingarc.com/?p=6…

結構、重宝される!?「アイテムのロード順設定」機能

今回のテーマは「アイテムのロード順設定」についてです。今春のver5.5へのバージョンアップ時に実装された新たな機能です。少し特殊な機能です…

営業データの可視化を成功させる「3つの約束」とは!?(前編)

こんにちは。MotionBoard 開発部の石橋です。 今回は、業務テンプレートをご紹介したいと思います。 手前味噌ではありますが、…

ITツールを利用する営業は本当に仕事ができるのか?

営業職でもITを利用することが多くなりました。 というか、使ってない営業は皆無ですよね? ではこの「IT」というキーワードから連想さ…

入力機能によるSalesforceへのデータの書き込み

今回で連載4回目となります「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforce(以下、MBSF)の連携」…

ページ上部へ戻る