最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

“ちょっぱや”ジオコーディング <2>

みなさん、こんにちには。MotionBoard 開発責任者の島澤です。

前回はMotionBoardのジオコーディングって早いよ!って書きましたが、

実はこれ、今までの10倍とか100倍速程度だと、「早いね!」で終わっちゃうんです。
でも1秒間に数十万件を処理出来るエンジンになると、世界が変わるのです。
世界が変わるというと大げさですが、今までの常識が覆されるということなのです。

では何がどのように変わるのか説明しましょう。

これまでの地図はジオコーディングに時間がかかるので、住所データを事前に変換して、データベースに貯めるのが一般的でした。

でも、住所データの増えた分を差分で変換しないといけませんし、そもそもデータベースを立てるというやり方は、“素人お断り感満載”で、SIとして頼むことになります。

No2_1

それが、MotionBoardの場合、画期的な変換速度(10万件で0.3秒程度)で住所情報を緯度経度に変換できちゃうので、手持ちの住所付き名簿とかを簡単にMotionBoardの地図に描画し、データ活用することができちゃうのです!

営業さんなどは日々お客様と接点を持ち、次々と新たな顧客データ(住所情報)を生み出してきます。

地図に住所データをマッピングする運用チームはそれらの差分更新がとても面倒でしたが、MotionBoardを使えばそのような運用はまったく必要なくなってしまうということですね!

さて、次回はリアルタイムジオコーディングの社内活用事例をご紹介します。
それでは、来週の水曜日をお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

営業のプレゼンスキルを短期間で上げる「右方上がりの商談」(其の1)

営業担当者に必要なスキルは何? 営業が日々の活動で要求されるスキルは様々ですが、代表的なものに ・予定管理 ・関係構築 ・プレゼ…

もっともシンプルかつ重要な情報活用は「比較する」ことだ!!

先日、WingArc1st が発表した3rd Party Data Galleryですが、これって、企業の情報活用を1ステップ引き上げるサー…

ITツールを利用する営業は本当に仕事ができるのか?

営業職でもITを利用することが多くなりました。 というか、使ってない営業は皆無ですよね? ではこの「IT」というキーワードから連想さ…

セールスフォースのレポートの取り込む方法とは?

初めまして、今回より新たにブログを書かせていただくことになりました山口です。お見知りおきを。 私のブログのテーマは、「Salesfor…

全体検索と個別検索(part2)~ 全体検索とは!? ~

今回のテーマは、日々よく活用されている検索機能です。前回は個別検索を解説しましたが、今回は全体検索の解説となります。そう、検索と名前は付いて…

“ マーケティングリードの案件化 ” を加速させる!インサイドセールス・ダッシュボード(前編)

こんにちは。石橋です。 昨今、リード生成・ナーチャリングの高度化は目をみはるものがありますね。 弊社自身もテクノロジートレンドを取り…

スナップショットで差分比較をする

連載5回目「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforceの連携」の技術ブログは、スナップショットで…

ページ上部へ戻る