最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

Salesforceから日経テレコンを使うための手順はなんと「3ステップ」!?

皆様こんにちには。MotionBoard 開発部 石橋です。

前回に引き続き、日経テレコンデータの活用法をご紹介したいと思います。

それでは、Salesforceから日経テレコンを利用するための手順を「3ステップ」でご説明します。

簡単な手順で設定が可能ですので、ぜひトライしてみてください!

 

ステップ1:MotionBoard

まずは、MotionBoardのアクセス先URLを確認します。管理者権限でMotionBoardにログインし、

・スタートナビ>情報提供サービス>日経テレコン_記事キーワード検索を右クリックします。

・画面左上の日経テレコンロゴ周辺にカーソルを移動すると、メニューバーが表示されますので、クリックしてメニューバーを表示し、画面右上の「管理>編集」から、ボードを編集モードに変更します。

2-1

・画面左下の「ボード管理>ボード設定」を開き、「ボードアクセスURL」をコピーしてメモ帳などに保存します。

2-2

 

ステップ2:Salesforce/ボタン作成

まずはボタンを作成します。

Salesforceの設定画面から、

①カスタマイズ>取引先>ボタン、リンク、およびアクションをクリック

②「新規ボタンまたはリンク」をクリック

2-3

③カスタムボタンまたはカスタムリンクの編集の設定

表示ラベル  日経記事キーワード検索
表示の種類 詳細ページボタン
動作 新規ウィンドウに表示
内容のソース URL
<ボード定義バス>&dv-NIKKEI_KEYWORD={!URLENCODE( Account.Name )}
リングのエンコード Unicode(UTF-8)

2-4

 

ステップ3:Salesforce/ボタン配置

次は作成したボタンをページに配置します。

Salesforceの設定画面から、カスタマイズ>取引先>ページレイアウトの修正 をクリック。

画面左上部から「ボタン」を選択し、画面右上部の「日経キーワード検索」を画面下部にドラッグ&ドロップします。

2-5

以上で設定完了です!

今後も、MotionBoardの業務テンプレートやデータ可視化のTipsをご紹介していきたいと思います。

それでは、次回をお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

直接 Salesforceの画面を開くには!?

今回で3回目となります「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforce(以下、MBSF)の連携」につ…

入力機能によるSalesforceへのデータの書き込み

今回で連載4回目となります「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforce(以下、MBSF)の連携」…

営業チームワークとしてのインサイドセールス【其の一】

最重要リソース「時間」を考える どの企業の営業組織でも最も大事なリソースは何でしょうか? それは言うまでも無く時間です。 時間…

スナップショットで差分比較をする

連載5回目「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforceの連携」の技術ブログは、スナップショットで…

営業データの可視化を成功させる「3つの約束」とは!?(前編)

こんにちは。MotionBoard 開発部の石橋です。 今回は、業務テンプレートをご紹介したいと思います。 手前味噌ではありますが、…

営業のプレゼンスキルを短期間で上げる!?「右肩上がりの商談」(其の3)

前々回からプレゼンスキルに関してのお話をさせていただいております。 以前から、寄稿させてもらった記事の中でも読者の関心が高いものは、 …

“ちょっぱや”ジオコーディング④

みなさん、こんにちには。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 今回は、地図上でデータを重ねる活用法をご紹介したいと思います。…

ページ上部へ戻る