最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

営業マネージャーのネガティブ・キーワード 3つのシーン(その3)~上司と部下~

最もイケてない”あるある”

時間が開いてしまいましたがマネージャのネガティブなキーワードが出るシーンその3
「3.マネージャーの上司と部下(対社内:3レイヤー)」についてお話します。
今回は皆様がもっとも、うなずく事が多いイケてない”あるある”ではないでしょうか?

 

おさらい:コミュニケーションの対象となる3つのシチュエーション

1.対クライアント(対社外)
2.部下との対面時(対社内:2レイヤー)
3.マネージャーの上司と部下(対社内:3レイヤー)

これまでは1と2についての説明しました。
今回はこの3についての説明ですが、このシチュエーションではマネージャーのスキルレベルが発言にも現れるケースが多いかと思います。

 

悪い報告時のとがめ方 ”あるある”

部下である営業担当とマネージャー、さらにマネージャーの上司であるマネジメントクラスとの会議が主なあるあるシチュエーションです。
特に月度報告など節目の重要な会議で起こりうることです。

この状況でのマネージャーのネガティブ発言とその裏にある心理はこんな感じではないでしょうか?

1.「だからあれほど言ったんだ」
(マネージャーの気持ち)なぜ実行しなかったのか?を責めることで自分の非を回避せねば。
ついでに自分は手の込んだ指導していたとアピールしよう。

2.「どうするつもりだ?」
(マネージャーの気持ち)代替案は自分もない。しかしながら指導不足と思われると困るので言ってみた。
とりあえずいいアイデアがでたら乗っかろう。

3.「なんでこうなったの?」
(マネージャーの気持ち)旗色が悪いのは理解した。
だけど経緯をど忘れしてるので情報を整理させる指導するフリして時間稼ぎしよう。

 

いい報告時の乗っかり “あるある”

先程は悪い報告時に自分の責任を回避するためによくある発言でした。
こちらは逆に良い報告の時にある、営業担当者にとってのネガティブ(=もういいから黙れと思う)発言です。

4.「次回同行する。あとで詳細状況を教えてくれ」
(マネージャーの気持ち)もうすぐ決まりそうだ。参加して成果に乗っかろう。
そのためには状況を知っておいて自分の影響範囲をこじつけよう。

5.「◯◯さんと会っておいてよかったよ。」
(マネージャーの気持ち)会ったのは最初の名刺交換だけで特に何もないけど、ここはトップアプローチの賜物にしておこう。

6.「今度事例を共有して」
(マネージャーの気持ち)よし勉強会のネタはできた。
資料と実施は担当者にさせるけど、スキルアップに貢献というマネージャー目標は達成だ。

 

このシチュエーションをまとめるキーワード

実はいい報告、悪い報告時問わず全般的に、”せこい”発言が多くないでしょうか?
(ドラマに出てくるような部下を守るマネージャーは案外居ない、、、)
また、このような発言が多くなると、びっくりするくらいモチベーションが下がるものです。

すなわち、
・成果の横取り
・指導力アピール
・めんどくさい仕事の担当回避と部下への割り振り
と勘違いさせるような発言はマネージャーは慎むべきであるということになります。

 

せこいマネージャーは排除可能か?

さてこのような発言はスキルレベルの低さゆえに、これまでの記事にて説明した解決策では対応できないこともあります。
しかし彼らの特性を会議以外の場所でも見極め、また会議で「ある」アクションをとることで、少なくとも担当者が自分の不幸な環境を脱出することが可能です。

次回はこちらの対応策について説明いたしますが、少しヒントを。

これらの発言をするスキルの低いマネージャーが商談で必ずやってしまう行動があります。
それを考えてみてください。

では、また来週!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

営業チームワークとしてのインサイドセールス【其の四】

前回まではインサイドセールスの概要として、担当営業へ内勤営業からの割り振りの流れまでをお話ししました。 今回はそれをマネジメントする立…

最少の業務負荷で効果的なパイプライン管理!予実管理ダッシュボード(後編)

皆様こんにちには。MotionBoard 開発部 石橋です。 今回は効果的なパイプライン可視化を可能にする「予実管理ダッシュボード」の第2…

知って得する!「アイテムクリップボード」

今回のテーマは「アイテムクリップボード」についてです。今春のver5.5へのバージョンアップでは様々な機能がアップしております。その中、ボー…

営業チームワークとしてのインサイドセールス【其の二】

今回は「チーム」「コラボレーション」を進めて企業で顧客接点を増やすための営業プロセスについて説明します。 営業プロセスと聞くとどのよう…

もっともシンプルかつ重要な情報活用は「比較する」ことだ!!

先日、WingArc1st が発表した3rd Party Data Galleryですが、これって、企業の情報活用を1ステップ引き上げるサー…

情報活用に投資しても意味あんの?回収できんの??(其の4)

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 前回(https://blog.wingarc.com/?p=6…

営業のプレゼンスキルを短期間で上げる「右方上がりの商談」(其の1)

営業担当者に必要なスキルは何? 営業が日々の活動で要求されるスキルは様々ですが、代表的なものに ・予定管理 ・関係構築 ・プレゼ…

ページ上部へ戻る