最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

情報活用に投資しても意味あんの?回収できんの??(其の3)

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。

製品の機能の宣伝みたいになっちゃいますが・・・。特許も出してますし、技術者として少し自慢させてください!

今回、私たちはMotionBoard Bridgeという仕組みを編み出しました。

このソフトは製品の一部としてMotionBoardに同梱されているのですが、これを社内のサーバーに入れて頂くと、簡単に離れた場所の情報とつなぎ込みが出来るようになるんです。

今までは情報を集める部分と、可視化で別々の製品を使うのが普通だったのですが、世界で初めて(たぶん) BI製品上で融合させました。

MotionBoard BridgeはソフトウェアVPNとかとは一線を画していて、集計したり、ファイルを取得したり等々、BIが必要とする機能ももってるんです。
ここが融合する最大のメリットですね。

社内側で1次集計ができるので、生データをWAN上に流さずセキュアだったり、明細データを流さずに済むので、通信量が劇的に少なくて済むなどなど、他のBI製品や、複数ソフトを組み合わせたようなソリューションだと絶対にできないこともできます。

ちょっと固い話になっちゃいましたね・・・。
気持ち悪いくらい便利な機能なんですけどね!

ブリッジサービス3

MotionBoard Bridgeが、みなさまのお役立ちになれば幸いです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

営業のプレゼンスキルを短期間で上げる「右方上がりの商談」(其の1)

営業担当者に必要なスキルは何? 営業が日々の活動で要求されるスキルは様々ですが、代表的なものに ・予定管理 ・関係構築 ・プレゼ…

入力機能によるSalesforceへのデータの書き込み

今回で連載4回目となります「SalesforceとMotionBoard Cloud for Salesforce(以下、MBSF)の連携」…

営業とマーケティングが『成果』で繋がる!?実践営業指向マーケティングとは?

みなさん、こんにちは。 BtoBマーケティングへの注目度が以前にも増して高っていますが、取り組みは何処まで進んでいますか? 売上…

“ちょっぱや”ジオコーディング④

みなさん、こんにちには。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 今回は、地図上でデータを重ねる活用法をご紹介したいと思います。…

1000を超える機能追加・改善を行った野心的なバージョンとは?

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 とうとう先日3月26日にMotionBoard Version …

ITツールを利用する営業は本当に仕事ができるのか?(其の2ツール紹介)

できない営業の特徴から考える。 できない営業はどのような癖があるでしょうか?言い方を変えてみましょう。どんなことで彼らはツッコミをうけ…

営業チームワークとしてのインサイドセールス【其の一】

最重要リソース「時間」を考える どの企業の営業組織でも最も大事なリソースは何でしょうか? それは言うまでも無く時間です。 時間…

ページ上部へ戻る