最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

活かせる第三者データ「3rd Party Data Gallery」

オープンデータの持つ課題とは

政府や自治体により公開されたオープンデータに加え、企業の垣根を超え価値あるデータを共有・交換し新しいビジネスを創出する動きが活発化しています。しかし、そのデータは入手方法やデータフォーマット、更新のタイミングが様々で、結果として十分活用されていないことが実情でした。このような第三者データの活用は、企業が保有するデータの分析だけでは到達し得なかった「より客観的な」「多角的な」「将来に亘る」分析を可能にし、より効率的にビジネス機会を広げることを可能にします。

MotionBoard Cloudが実現する第三者データ活用とは

クラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud」の付加価値として提供していた第三者データ提供サービスの提供範囲とラインナップを拡大、「3rd Party Data Gallery」として、企業の商圏分析やトレンド分析を客観的に行うデータ提供サービスを行っています。「3rd Party Data Gallery」では、第三者データを「人口・世帯統計データ」「事業者・建物データ」「地理・気象データ」「消費動向データメディア」「評価・口コミデータ」の5つの分野に分けて提供、今後も順次追加されていきます。

全てのデータを生きたデータとして活用ができる、MotionBoard Cloudの「3rd Party Data Gallery」にご期待ください。

MotionBoard Cloud 3rd Party Data Gallery について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

新たな地図とエリアとポイントでの使い分け

今回のテーマは「地図」です。2015年7月21日のバージョンアップにより、背景となる地図が2つ増えており、表現力が更に高まっております。今回…

全体検索と個別検索(part2)~ 全体検索とは!? ~

今回のテーマは、日々よく活用されている検索機能です。前回は個別検索を解説しましたが、今回は全体検索の解説となります。そう、検索と名前は付いて…

全体検索と個別検索(Part1) ~ 個別検索とは!? ~

今回のテーマは、日々よく活用されている検索機能です。検索と名前は付いていますが、データを検索するというより、ある条件で絞り込むと思っていただ…

ITツールを利用する営業は本当に仕事ができるのか?(其の2ツール紹介)

できない営業の特徴から考える。 できない営業はどのような癖があるでしょうか?言い方を変えてみましょう。どんなことで彼らはツッコミをうけ…

IBM Watson(ワトソン)が日本語で話す!?

2015年2月ソフトバンクテレコムと日本IBMは、「IBM Watson(ワトソン)」を日本で共同展開すると発表しました。 IBM W…

セールスフォースの取引先を地図にプロットしてみよう!

前回の「セールスフォースのレポートを取り込む」はいかがでしたでしょうか。セールスフォースとMotionBoard Cloud for Sal…

情報活用に投資しても意味あんの?回収できんの??(其の2)

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 先週の続きになりますが、このパートは少し長いかも。 「売上…

ページ上部へ戻る