最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

SDx(エスディーエックス:Software Defined Anything)が勝敗のポイント!

機械(モノ)の性能を強化するためには、何をすれば良いでしょうか?
例えば、身近なところでマイカーの性能を良くしたいと考えてみます。
エンジンを取り替える、タイヤを変える、車体を軽くするというのがこれまでの発想ですが、いまどきのやり方だとECUチューニングを行います。

ECUというのは、エンジンコントロールユニットつまり自動車に搭載されている電子制御装置のことです。いまどきの自動車の性能は、このECUが性能を決めているといっても過言ではありません。このECUをチューニング、つまり設定変更すれば性能を向上することができるのです。一般的に、市販車の設定だと30%程度抑え気味に調整しているという話ですから、多少燃費を犠牲にしても運動性能を向上したいならばECUチューニングすればあっと言う間に完了だそうです。

機械(モノ)の性能を決めるのはソフトウェア!

このブログでいろいろご紹介してきた、IoT(モノのインターネット)とか、インダストリアル・インターネットとか、インダストリー4.0とかいうのは、実は全て機械(モノ)の性能を決めているのがソフトウェアであるという考え方がその背景にあります。
そして、機械(モノ)をネットに繋ぐことでデータを管理して、必要な時にソフトウェアを入れ替えて性能を向上することがこれからの産業を大きく変えていくのです。

この新しい考え方のポイントは3つあります。
・機械(モノ)からの膨大な情報を収集、解析、コントロールすること
・膨大なデータを超高速処理して、ビジネスに活用すること
・必要な時に必要なタイミングでソフトウェアを入れ替えて性能を強化すること

これまで製造業は、機械(モノ)を設計して製造するところに投資して利益を得てきました。新しい機能は他社製品との差別化となり、需要を産みます。効率的でムダの無い製造は、利益を大きくします。

ここに、機械(モノ)の性能をソフトウェアで引き上げるという発想を加えると、ソフトを入れ替えれば買い替えなくてもある程度性能が向上できる。ネットに繋いでデータを活用すれば、コストパフォーマンスの高い効率的な使用が出来ます。故障を予測して壊れる前に消耗した部品を取り替え、トラブルによる機械の停止を回避できます。さらに、機械(モノ)がネットに繋がっていれば売った後からサービスを提供できます。

最も重要な点は『後からサービスを提供する』ということです。

これまで製造業は、機械(モノ)を作るために研究開発や設備投資に莫大な投資を行ってきました。その理由は売れる機械(モノ)、儲かる製造(ものづくり)を実現するためです。

しかし、機械(モノ)をネットに繋ぐという発想が、ソフトウェアが機械(モノ)の性能を引き出すという考え方が新しいビジネスモデルを生み出すことになりました。ソフトウェアとデータを利用すれば、機械(モノ)を買ったお客様に儲かるサービスを提供できるというビジネスモデルです。

ネットに機械(モノ)が繋がるということは、ソフトウェアとデータを利用すればどんな産業でも儲かるサービスを生み出すことができる新しい時代が始まったのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

セールスフォースのレポートの取り込む方法とは?

初めまして、今回より新たにブログを書かせていただくことになりました山口です。お見知りおきを。 私のブログのテーマは、「Salesfor…

知って得する!「アイテムクリップボード」

今回のテーマは「アイテムクリップボード」についてです。今春のver5.5へのバージョンアップでは様々な機能がアップしております。その中、ボー…

結構、重宝される!?「アイテムのロード順設定」機能

今回のテーマは「アイテムのロード順設定」についてです。今春のver5.5へのバージョンアップ時に実装された新たな機能です。少し特殊な機能です…

情報活用に投資しても意味あんの?回収できんの??(其の2)

みなさん、こんにちは。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 先週の続きになりますが、このパートは少し長いかも。 「売上…

営業チームワークとしてのインサイドセールス【其の四】

前回まではインサイドセールスの概要として、担当営業へ内勤営業からの割り振りの流れまでをお話ししました。 今回はそれをマネジメントする立…

セールスフォースの取引先を地図にプロットしてみよう!

前回の「セールスフォースのレポートを取り込む」はいかがでしたでしょうか。セールスフォースとMotionBoard Cloud for Sal…

営業のプレゼンスキルを短期間で上げる「右方上がりの商談」(其の1)

営業担当者に必要なスキルは何? 営業が日々の活動で要求されるスキルは様々ですが、代表的なものに ・予定管理 ・関係構築 ・プレゼ…

ページ上部へ戻る