最新記事を配信

© The BLOG All rights reserved.

ビジネスパーソンのための“情活講座” ~ RFM分析 ~

 

MotionBoard Cloud ユーザーの皆様、こんにちは!
今回は、RFM分析機能についてご紹介します。

RFM分析とは、顧客の購買における行動を考察するための分析手法のことです。
顧客の商品売買履歴などのデータを基に、次に示す3つの指標で分類します。分類結果を基にして、「優良な顧客」や「顧客の好み」などを視覚的に把握できるようになり、販売戦略の指標として役立てることができます。

R(Recency)
最新購入日のことです。顧客が商品を購入した直近の日を示します。

F(Frequency)
累計購入回数のことです。顧客が商品を購入した回数の累計を示します。

M(Monetary)
累計購買金額のことです。顧客が商品を購入した総額を示します。

MotionBoardには、RFM分析条件設定テンプレートがついています。日付データと金額データがあれば、簡単にRFM分析を行うことができます。

図版1

ここでは、売上実績のデータを使い、RecencyとFrequencyで顧客のセグメントを行っています。

常連顧客であるR5/F5のお客様の数を増やしていくことが、売上の増加に繋がりますから、新規顧客であるR5/F1のセグメントや、R3/F5の離反しつつある顧客セグメントを把握し、適確な施策を打っていくことが重要になります。

ターゲットとする層のセルをクリックすると、右側の表でその顧客の明細データを表示させることができます。こちらはCSVにダウンロードすることができますので、例えば新規のお客様に向けたキャンペーンのお知らせなどを、メール配信やダイレクトメール送付に二次活用していただけます。

図版2

MotionBoardを使えば、クロス集計表だけではなく、ヒートマップやレーダーチャートなど、多様な形でRFM分析ができるので、新しい気付きに繋がるのではないでしょうか!

是非、試してみてください!

図版3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

もっともシンプルかつ重要な情報活用は「比較する」ことだ!!

先日、WingArc1st が発表した3rd Party Data Galleryですが、これって、企業の情報活用を1ステップ引き上げるサー…

IBM Watson(ワトソン)が日本語で話す!?

2015年2月ソフトバンクテレコムと日本IBMは、「IBM Watson(ワトソン)」を日本で共同展開すると発表しました。 IBM W…

Salesforceから日経テレコンを使うための手順はなんと「3ステップ」!?

皆様こんにちには。MotionBoard 開発部 石橋です。 前回に引き続き、日経テレコンデータの活用法をご紹介したいと思います。 …

営業データの可視化を成功させる「3つの約束」とは!?(後編)

皆様こんにちには。MotionBoard 開発部 石橋です。 今回は営業マネージャダッシュボードの後編です。 [video_ligh…

営業データの可視化を成功させる「3つの約束」とは!?(前編)

こんにちは。MotionBoard 開発部の石橋です。 今回は、業務テンプレートをご紹介したいと思います。 手前味噌ではありますが、…

セールスフォースの取引先を地図にプロットしてみよう!

前回の「セールスフォースのレポートを取り込む」はいかがでしたでしょうか。セールスフォースとMotionBoard Cloud for Sal…

“ちょっぱや”ジオコーディング④

みなさん、こんにちには。MotionBoard 開発責任者の島澤です。 今回は、地図上でデータを重ねる活用法をご紹介したいと思います。…

ページ上部へ戻る